【コーヒーの木】 栽培日記

2007年10月18日

有機質と無機質

肥料には有機質無機質に分けられます。
それ以外にもこれらを混ぜた肥料もあります。

有機質肥料
油カスや魚粉、骨粉などのことです。
土の中の微生物により分解されるので、緩効性で異臭があります。
(※緩効性…ゆっくりと効いていきます)

異臭を伴うので室内向きではありません。室内で使用したいと考えている場合は充分に発酵したものを使うことをオススメします。

無機質肥料
一般的に化学肥料のことです。
化学肥料でも粒状や粉状のものがあり、その他に液体肥料があります。
即効性で無臭であり、3要素の比率や肥効の期間などが誰にでもわかりやすいので、利用しやすいです。

注意としては多用すると土質を悪くすることがあるので、対策として腐葉土や堆肥を土に混ぜるようにしましょう。
posted by ひろくん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 肥料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61171117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ローストアーモンド 400g
Excerpt: ローストアーモンド 400g・・どうせなら、有機栽培のコーヒーを!・22日国際有機コーヒーディ グランドオープン・【東京神楽坂】はるきちがみたキューバ有機野菜栽培レポート・とろけるプリンとコーヒーでお..
Weblog:
Tracked: 2007-10-23 14:21

【コーヒーの木】 栽培日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。