【コーヒーの木】 栽培日記

2007年10月18日

有機質と無機質

肥料には有機質無機質に分けられます。
それ以外にもこれらを混ぜた肥料もあります。

有機質肥料
油カスや魚粉、骨粉などのことです。
土の中の微生物により分解されるので、緩効性で異臭があります。
(※緩効性…ゆっくりと効いていきます)

異臭を伴うので室内向きではありません。室内で使用したいと考えている場合は充分に発酵したものを使うことをオススメします。

無機質肥料
一般的に化学肥料のことです。
化学肥料でも粒状や粉状のものがあり、その他に液体肥料があります。
即効性で無臭であり、3要素の比率や肥効の期間などが誰にでもわかりやすいので、利用しやすいです。

注意としては多用すると土質を悪くすることがあるので、対策として腐葉土や堆肥を土に混ぜるようにしましょう。
posted by ひろくん at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 肥料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コーヒーの木】 栽培日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。